美味しいりんごの選び方

りんごの色

サンふじシナノスイートなどの赤いりんご、シナノゴールドや王林などの黄色いりんご、どちらももともとは緑色です。この緑色のことを地色と言っています。
りんごの色づきは、赤色は「アントシアニン」、 黄色のは「キサントフィル」などの色素によります。
これらの色素は、日光の光や、色素成分のもとであるブトウ糖、温度の変化などによって作られます。りんごが赤や黄色に色づくのは、成熟(完熟)した証なのです。りんご全体が赤や黄色に色づいたりんごを選びましょう。
ここで一つ気を付けていただきたいのが、りんごのお尻の色です。
お尻がまだ緑色のもの(地色が抜けていないもの)は、まだ成熟しきっていない可能性があります。酸味が強かったり、食感が固かったりします。お尻の方まで赤や黄色に色づいたりんごがおすすめです。赤いりんごでも、お尻が黄色っぽいものは地色が抜けており、成熟しています。

サンふじ比較
ちなみに、サンふじの蜜入りも、お尻を見ることで判断できることもあります。お尻が赤や黄色で、透きとおったように見えるりんごは、蜜が入っている可能性が高いです。(サンふじの蜜入りでも紹介しています。)
サンふじの収穫は冬も目前まで続きますが、この時点でお尻が緑色のりんごは、「青玉(あおだま)」と言っています。成熟しきっていないので、すぐには生食用には向きません。ただ、りんごは収穫した後も呼吸をし熟度が増していきます。青玉の緑色も時間が経つにつれ、黄色っぽくなり、糖度も増して食感もよくなります。
よく言えば、長持ちするりんごです。
人によりりんごの好みも分かれます。酸味が強めのりんごが好きな人、食感が固めのりんごが好きな人、長持ちするりんごをお求めの人は、お尻に緑色が残るりんごを選ぶとよいでしょう。
(※食感が命の夏のりんご「つがる」に関しては、お尻に緑色が残るものを選んだ方がおすすめです。黄色くなってしまったものは、熟しすぎて食感が軟らかめになります。)

 

りんごの形

りんごをイメージする形ってありますよね。全体に丸みがかかった形です。
秋映やシナノゴールドなどは、樹勢が強かったり(木が元気すぎる)、肥料が効きすぎたり(主にチッソ成分)すると、先(お尻)が尖がったりんごができます。先の尖ったりんごは、成熟するまで時間がかかりますので、丸みを帯びたりんごから選びましょう。
サンふじは微妙です。受粉の影響で、全体に種が入らなかったりで、形のいびつなりんごができます。斜めに偏ったりんご(斜形)や、縦方向につぶれたりんご(軍艦型)などの扁平したりんごができます。味に関しては全く変わらないのですが、市場での評価は下がってしまいます…(涙)
当農園でも、家庭用のりんごには、そのような扁平したりんごが入りますが、美味しいりんごなのでご安心ください。
今のところ抜本的な対策はありませんが、形のそろったりんごを作れるよう努力するのみです。

シナノゴールド

シナノゴールド

りんごの大きさ

大きいりんご、小さいりんご。市場的にはある程度大きなりんごのほうが、値段が高いようです。ただ、ご家庭によっては、大きなりんごだと、食べきれずに余ってしまったりということもありますよね。
自分の好みでいうと、大きすぎるりんごはあまり好まないです。なんとなく大味な感じがしてしまいます。適度な大きさで…
ご家庭で大きなりんごと小さなりんごが一緒にある場合は、大きなりんごから食べることをおすすめします。小さいりんごのほうが食感が変わりにくいため、日持ちも長く、美味しくいただけます。

 

りんごのツル(果柄)

りんごの頭についている枝のようなものをツル(果柄)と呼んでいます。ツルが太くて長いりんごのほうが、根や葉からの養分をたくさんとることができるため、美味しいりんごができると言われています。ツルの長さや太さもりんごを選ぶポイントになります。
りんごの作業の中に、摘果という作業があります。りんごの花は5つほど咲き実になりますが、大きく美味しいりんごを作るために、まず一つにします。(あら摘果)残ったものから更に選抜します。(仕上摘果)
この仕上摘果の際には、実の大きさや形のほか、ツルの太さや長さも基準に選んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。