あきばえ(秋映)とは?

秋映について

秋映について

1981年に、「千秋」と「つがる」を掛け合わせて誕生した長野県オリジナルのりんごが秋映です。長野県において、全国の約9割が生産されています。

誕生した当初の秋映は病気には強いものの霜に弱く、実がならない年もありました。しかし、秋映の開発者の長年の努力により1993年には品種登録され、現在では長野県を代表する「りんご三兄弟」にもなっています。「秋映」の名は、「秋に映えるりんご」から名付けられました。

特徴

収穫時期

収穫時期は9中から10月中旬、日持ちは冷蔵で20~30日程度です。

見た目

形は円形をしており、重さは300~350g前後です。果皮の着色が非常によい品種で、完熟するほど暗紅色になります。表面はワックス成分がついているのでややベタつきますが、これが完熟した証です。

食感はやや硬めで食べ応えがあり、果汁を豊富に含んでいるのが特徴です。糖度は14%程度と甘みが強くほどよい酸味があるため、甘さと酸味の調和が取れています。また、香りも強く、噛むほどに清涼感のある香りが広がります。

おすすめしたい食べ方

秋映を食べるときは、そのままがおすすめです。一口食べれば、甘酸っぱいりんごらしい味と香りを楽しむことができます。また、ジャムにしたりスイーツに使ったりすると、違った味わいを楽しめます。皮にはポリフェノールや食物繊維などが豊富に含まれているので、できれば皮ごと使うのがおすすめです。

秋映をお取り寄せするなら、ぜひ当農園の通販サイトをご利用ください。当農園は長野市の西南部に位置する篠ノ井地区から、旬のりんごを皆様にお届けしています。おいしいりんごを栽培・収穫するために栽培方法、すべての作業工程を妥協することなくこだわりました。秋映をはじめサンふじ、シナノスイート、シナノゴールドなど長野を代表するりんごを販売しており、贈答品からご家庭用と用途に応じてご注文いただけます。ぜひ当農園自慢のりんごをご賞味ください。

【Toyokawa’s Applefarm】で秋映をお取り寄せ

農園名
Toyokawa’s Applefarm
住所
〒388-8011 長野県長野市篠ノ井布施五明161-14
TEL
026-293-0263
MAIL
info@naganoapple.com

お役立ちコラム

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide