シナノドルチェとは?

シナノドルチェについて

シナノドルチェについて

シナノゴールドと親が同じで、「ゴールデン・デリシャス」と「千秋」を交配して誕生した品種です。1983年に長野県果樹試験場で交雑が始まり、2005年に品種登録されました。数ある品種のなかでも比較的新しい長野県オリジナルの品種で、現在は長野県でのみ栽培されています。

当時の県知事が命名しており、「信濃」とイタリア語でデザートを意味する「ドルチェ」を組み合わせてシナノドルチェと名付けられました。

特徴

収穫時期

8月下旬から9月中旬にかけて収穫されます。日持ちは2週間程度と短めです。

見た目

シナノゴールドと同じ品種の掛け合わせで誕生していますが、色は黄緑色がベースで赤く色付いています。また、所々に赤くはっきりとした縦縞が見られます。果実は300~350gとやや大きめで、形は少し縦長です。

シナノドルチェは、夏のさわやかなりんごから秋のりんごへ味がぐっと深まります。果肉のキメはやや粗めですが、肉質は良くしっかりとした歯ごたえがあり、果汁の量が多くて香りも良いのが特徴です。蜜はありませんが十分な甘さとりんごらしい酸味があり、爽やかな食味を楽しめます。

おすすめしたい食べ方

甘さと酸味を兼ね備えたりんごらしい風味を持つシナノドルチェは、そのまま食べる方法がおすすめです。適度な歯ごたえと甘酸っぱい味わいを楽しむことができます。切ったあとは変色しやすいので、できるだけ早めに食べるようにしましょう。もしくは、切ったあとに食塩水やレモン水につけると変色を遅らせることができます。また、果汁がたっぷりなのでジュースにしてもおいしく召し上がれます。

長野県長野市の篠ノ井地区にある当農園では、初夏から晩秋まで丁寧に育て上げた信州のりんごをお届けします。シナノゴールドやシナノスイートサンふじ秋映など信州を代表するりんごを豊富に取り揃えています。サイズは5kg、10kgとご用意しており、ご贈答からご家庭用、ご近所の方へのちょっとした贈り物などシーンに合わせてお選びいただけます。皆様のご利用を心からお待ちしております。

長野のりんごをお探しなら【Toyokawa’s Applefarm】へ

農園名
Toyokawa’s Applefarm

住所
〒388-8011 長野県長野市篠ノ井布施五明161-14

TEL
026-293-0263

MAIL
info@naganoapple.com

お役立ちコラム

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide