りんごを食べるとき、皮はどうしていますか?

りんごを食べるとき、皮はどうしていますか?

甘酸っぱくて爽やかな香りが楽しめるりんごは、栄養豊富で健康と美容によい果物としても知られています。たくさんの栄養が詰まったりんごですが、皆様はりんごを食べるとき皮を向いていますか?それとも、皮ごと食べていますか?

健康・美容を考えるなら、「皮ごと」がおすすめ!

健康・美容を考えるなら、「皮ごと」がおすすめ!

りんごを食べるとき、栄養面を考えるなら皮ごと食べることをおすすめします。

その理由は、りんごの皮には「りんごポリフェノール」や「ペクチン」、「食物繊維」など豊富な栄養素が含まれているからです。とくに着目したいのが「りんごポリフェノール」と「ペクチン」です。

りんごポリフェノール

りんごポリフェノールとは、りんごに含まれるエピカテキンやケルセチン、プロシアニジンなど様々なポリフェノールの総称です。皮部分には果実より数倍のりんごポリフェノールが含まれています。りんごポリフェノールには血流を改善したり活性酸素から体を守ったりと、健康と美容に良い様々な働きがあることが研究で分かっています。

ペクチン

皮と果実の間に含まれる成分で、食物繊維の一種です。摂取した糖分の吸収を緩やかにする作用があり、血糖値の上昇を抑制する働きが期待できます。また、腸内の善玉菌の働きをサポートする作用があるため、お通じが悪い方の強い味方です。良い腸内環境は摂取した栄養を効率よく摂取できるので、疲労の改善にもつながります。

皮ごと食べるときに気になる!?

気になる残留農薬

健康と美容によい成分が含まれている皮ですが、皮ごと食べるときに気になるのが残留農薬だと思います。農薬は食品衛生法によって厳しい残留の基準が設けられ、残留農薬がほとんどないものが検査を通っているので健康に悪影響を及ぼすことはありません。もし心配なら、よく水洗いをすれば落とせるので大丈夫です。

気になる食べ方

皮が健康・美容に良いことを知っていても、「皮の食感が苦手」という方もいると思います。皮に含まれる成分は調理しても失われることはありません。そのため、皮ごと使ってスムージーやジャムにしたり、アップルパイや焼きりんごにしたりと、一工夫すれば手軽にりんごの豊富な栄養を摂取できます。

当農園では、国内生産量トップのサンふじ、「千秋」と「つがる」を掛け合わせて誕生した秋映など、のおいしいりんごを栽培・販売しています。秋映はりんご三兄弟の1つでもあり、りんごらしい風味をしっかり味わえるのが特徴です。サンふじや秋映などおいしいりんごをお取り寄せするなら、ぜひ当農園の通販サイトをご活用ください。

【Toyokawa’s Applefarm】で秋映をお取り寄せ

農園名
Toyokawa’s Applefarm

住所
〒388-8011 長野県長野市篠ノ井布施五明161-14

TEL
026-293-0263

MAIL
info@naganoapple.com

お役立ちコラム

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide