祝の袋かけ

スポンサードリンク

先週やっとあら摘果(一輪摘果)が終わり、伸び放題だった草刈をし、昨日から祝の袋かけを始めました。家では袋かけをするりんごは、祝だけです。

祝は、7月の上旬から8月にかけて東京の新盆のお供え用として真っ先に収穫できるりんごです。

収穫初めのころはは酸味や渋味が強いですが、熟してくると程よい甘みと酸味で、青りんご特有の香りが口いっぱい広がる懐かしい味がするりんごです。

お供え用なので、ちょっと見栄えよく仕上げるために袋かけをします。

祝

祝袋かけ前

祝

祝袋かけ後

10センチくらいの紙製の袋ですが、実をすっぽり包みます。これであと1,2か月もすると袋がパンパンに膨れます。

仕上摘果をしながら、5000枚かけなければいけません。

祝

年に一回、祝だけの作業なので、慣れるまで大変ですが、楽しんでやってます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*