りんごの蜜入りのお話

りんごは蜜が入っている方が甘い、美味しいと言いますよね。
こちらでも、「蜜は入っていますか?」とか「蜜は注射して入れるの?」などと聞かれることがあります。

りんごの蜜の正体は、ソルビトールという糖分の一種です。
ソルビトールは、葉っぱの光合成によって作られ、果実の中に運ばれ、果糖やしょ糖といった甘み成分となります。

りんごが完熟することで、ソルビトールは糖分へ変わることをやめてしまい、今度は水分を吸収します。これが、蜜の正体です。
蜜が入ったりんごは、完熟したりんごの証ということになります。

蜜の入りやすい品種として、サンふじがあります。きれいな赤いりんごにするために葉摘みをしますが、あまり早くに葉摘みをしてしまうと十分な光合成が行われず、蜜の入った完熟りんごになりません。このため、葉摘みは出来るだけ遅くに行うようにしています。

ちなみにこの蜜の部分、実際に糖度を測ったことはありませんが、まわりの部分よりも糖度が低いと言われています。

蜜は時間とともに徐々に消えてなくなっていきます。これは果糖に変化してしまうからです。

ただ、まれに茶色に変色する場合もあります。
蜜入りりんごは、完熟した証なので、お早めにお召し上がりください

蜜入りりんごの見分け方

以前にも紹介しましたが、自分はお尻のほうが透き通った黄色なもので判断していますが、これ以外にも、重量の重いもの、ツルが太くてしっかりしたものを選ぶと蜜がたくさん入っている可能性が高いです。

 

工藤農園 りんご「蜜」について 果物ナビ りんごの蜜の正体は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*