新わい化苗木定植

苗木の養成

昨年、M9の台木を購入して接ぎ木し新わい化用の苗木を養成しました。

一昨年接ぎ木したものは、半分近くマイマイガにやられてしまいましたが、残ったものをカットツリーとして養成。

初期成長がよかったので、一年での養成にチャレンジ。

フェザーを出させるためにビーエー液剤(植物成長調整剤)を都合6回散布した。フェザーの出方は品種によってまちまちですが、75倍で散布しました。

出来た苗がこちら

新わい化フェザー苗

新わい化フェザー苗

つがる(芳明)です。一年なので、長すぎるフェザーもなく、10本ほどは出て、高さも1m50cmくらいになりました。

年末に堀上げし、白塗材を塗って仮植えしました。

新わい化フェザー苗

新わい化フェザー苗(仮植え)

大きめの苗が2年生のカットツリー

フェザーも少し長めですね。

M9の取り木も今年から始めましたが、50本ほど取れたので、今年も苗木を養成しました。

M9台木

M9台木

初めての割には上出来かな。

1年生2年生含めて100本近くの苗が出来たので、発芽前に定植します。

 

トレリスの設置

就農した時と同様に、ホームセンターで材料を調達して自分で作成。

作業を委託すると高額なので、節約です。

近所の畑も参考にしながら若干改良しました。

新わい化苗木定植前

新わい化苗木定植前

今回定植する場所です。

3列で総延長40mくらいですが、支柱を立てる位置を決めます。列間は3m

支柱はホームセンターで購入した4mの足場用単管パイプ

70cm地中に埋め込みますが、この作業がなかなか大変です。

今年は新兵器を導入しました。

タナカエンジンオーガー

タナカエンジンオーガー

前回は下穴を手で掘りましたが、エンジンオーガーを購入しました。

少々痛い出費でしたが、楽々穴が掘れます。

単管パイプの直径が48.6mm、まず∮40のドリルで、その後∮60のドリルで下穴をあけ単管パイプをハンマーで打ち込みます。

10尺(3m)の脚立に乗ってやっとの高さから打ち込むので、なかなか大変です。

新わい化トレリス

新わい化トレリス(支柱打ち込み完了)

支柱間は最大7mとしました。(今回は全部で9本)

端部の支柱は、1mのパイプを打ち込んで、斜めに筋交いを設置します。

以前は、外側にアンカーを打ち込んで支柱を引っ張っていましたが、作業中にワイヤーにひっかかったりするので、アンカーなしの構造にしました。

新わい化トレリス

新わい化トレリス(筋交い設置)

ここまでの作業は、一人で半日程度。

あとは横にワイヤーを張るだけなのですが、傾斜地で土寄せが大変なので、除草して耕うんします。

古い耕運機しかないので、ほとんど鍬を使って原始的にやりましたが、この作業が一番きつかった…

苗木自体は掘りこまずに、現地盤にまわりから土寄せして盛り土状に植栽します。

作業性を考慮して通路は出来るだけ水平にしたいのですが、傾斜がきつくて列ごとの段差はかなり大きくなってしまいます。

ただ、M9の自根苗は排水対策が重要なので、これでいいかと。

ちなみに土質は粘性土

新わい化トレリス

新わい化トレリス(土寄せ中)

次にワイヤー張りです。

3mmのステンレスワイヤーを3本張りました。

新わい化トレリス

新わい化トレリス

一端はグリップルミディアムプラスで固定。(こんなやつです↓)

グリップルプラス

グリップルプラス

中間は養生用のクランプ

新わい化トレリス

新わい化トレリス

もう一端は、巻き上げ機能のついたクランプで。

新わい化トレリス

新わい化トレリス

苗木の支柱は、∮19・3.7mの鉄パイプで、クロスワンを使って最上段のワイヤーに固定します。

新わい化トレリス

新わい化トレリス

当初は、竹を使用していましたが、苗木の成長に合わせて上にずらさなきゃいけなかったり、しなったり腐ったりで、すぐに取り換えが必要になるため、鉄パイプに変更しました。

 

あとは、苗木を植えて完了です。

新わい化苗木定植完了

新わい化苗木定植完了

途中消毒があったりで、なんだかんだで一週間もかかってしまいましたが、無事に定植完了です。

春先はかなり乾燥するので、こまめに灌水します。

今回は、紅玉・秋映・つがる(芳明)・ふじを新植しました。苗木の間隔はすべて80cmです。

一から自分で養成した苗木。

来年は収穫できることを楽しみにしています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 春日原敬史 より:

    私もM9やJM7台木を買いたいのですが、何処に行けば手にはいるのでしょうか?また色々教えてください

  2. 豊川 克己 より:

    私は、農協や果樹研究会経由で購入しています。須坂の植木農園さんでも扱っていると思いますよ。

  3. 春日原 敬史 より:

    今年は、M9を100本接ぎ木をして80本芽が出ましたが、大分駄目にしてしまいました。
    取木分で他に20本M9を植えましたが、9本がカモシカに食われてしまいました。
    今年はトレリスを立てて、定植しようと思います。
    いろいろ教えてください。
    私の畑は北部高校の近くにあります。長野よりもっと寒いです。

  4. 豊川 克己 より:

    来年の定植は楽しみですね。
    私は、この春先ネズミによるかなりの食害がありました。樹脂ネットで対策していましたが、完全に甘く見ておりました。今のところ、地道にネズミの密度を減らすしかありません。
    昨年の台風で、中南信地区でトレリス倒壊の被害があったようです。そのため、中間支柱の間隔はかなり狭くなってきているようです。
    これまでやってきて感じていることは、張線は、入手しやすさと扱いやすさからステンレスワイヤーを使用しましたが、りんごの重さで伸びてたわんでしまう欠点があります。半鋼線のほうが強度的に安心かと思います。
    長野農協の管内は、こちらより高密植栽培をやられている方が多いと思いますよ。

  5. 春日原 敬史 より:

    今年は、M9を100本接ぎ木して、80本くらい芽が出ました。
    取木用のM9は、20本植えたのですが、9本をカモシカに食われてしまいました。
    来年はトレリスを設置して、定植をしたいのですが、色々教えてください。
    私の畑は北部高校の近くにあり、長野市より寒いです。

  6. 春日原 敬史 より:

    張線のはりたかがわからないので、一度畑のトレリスを拝見させて頂ければ助かります。
    忙しいところ、申し訳ありません。

コメントを残す

*