ふじの葉摘み

スポンサードリンク

反射シートも張り終えて、スイート・ゴールドの収穫と並行して、ふじの葉摘みの真っ最中です。

10月に入って、朝夕はだいぶ冷え込むようになり、ふじもだいぶ色づいてきました。

サンふじ

サンふじ

これからがサンふじの仕上です。

陽の当たる面は色づいていますが、葉っぱの当たってるところや、樹の下枝など陽の当たりにくいところはきれいに色がついてくれません。

そこで、反射シートを敷いたり、葉摘みをしたり、なかなか手がかかります。

ふじ葉摘み

一度にまわりの葉をたくさん摘んでしまえば作業的には楽ですが、蜜を入れるためにぐっと我慢して、一回目はくっついてる葉っぱだけ摘みます。

そして二回目は、玉回しをしながらさらに周りの葉を摘みます。

朝の冷え込みが厳しく日中暑くなる時は、りんごが日焼けしてしまうので、樹の北側とか、下枝から作業を始めます。

「葉とらずりんご」など、葉摘みをしないことをうたっているりんごもあります。

味は変わらないのかもしれませんが、やっぱり、ふじらしいきれいな赤色で蜜も入ったりんごを作りたい。

しばらく葉摘みと、玉回し、他のりんごの収穫と忙しい日々が続きます…

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。