剪定講習会

スポンサードリンク

りんごの収穫も終わり、肥料をあげたり、もろもろの片付けも済んで今年もやっと終わり。 冬はゆっくりできると思いきや、年明けからは剪定という作業があり、すぐ次の一年が始まります。 剪定は、日当たりをよくしたり、風通しをよくするために枝を切る作業ですが、りんごの大きさや色つきなど美味しいりんごを作るためには欠かせない作業です。 ただ、剪定を極めるには100年かかるといわれるほど、経験がものをいいます。 人によってやり方、考え方が違ったり、切るときには数年後を見通したり、とにかく経験を積むしかありません。 ですが、りんごの作業の中では一番楽しいです。 先日、地区の農協主催で剪定講習会があり、雪も降る中たくさんの人が集まりました。 老いも若きも、ベテランも初心者もいます。 来年は三年目に入る私は当然ですが、美味しいりんご作りを目指して頑張っています。 IMG_3253

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*