りんごの疑問

りんごの皮がベタベタしているのはワックスで磨いているから?皮についている白い粉は農薬?
よく耳にする疑問ですがどちらも違います。

ベタベタの正体は、リノール酸やオレイン酸といった飽和酸がりんごから染み出したもので、りんご自らが鮮度を保つために持つロウ物質です。
油上がりとも言われますが、りんごが熟すことによって現れることから、美味しくなった目安にもなります。
秋映や、シナノスイート、シナノゴールドでよく見られますが、当園では美味しいりんごをお届けするためのひとつの目安にもしています。

また、表面の白い粉についても、果粉やブルームといったロウ物質で、病気などの保護や乾燥を防ぐためのりんごの成分です。
皮ごと食べていただいても心配はありません。

りんご栽培には病気や害虫がつきものであり、当園においても地域の防除基準に基づいて、必要最低限の消毒をしております。
りんご表面の農薬については、降雨によって流されたり日光によって分解され、収穫するころには残留の心配はありません。
気になる方は、水洗いしてお食べください。
うちの子供たちは、畑で収穫したてのりんごを服で磨いてそのまま丸かじりしています。

信州安曇野サンふじりんご 農薬について・皮のベタつき 果物ナビ りんごの皮のピカピカの正体は何?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。