シナノドルチェの収穫

朝から雨。カッパを着て紅玉の葉摘みをしていましたが、止んできたのでシナノドルチェの収穫を始めました。シナノドルチェは、長野県果樹試験場がゴールデンデリシャスに千秋を交配して2005年(平成17年)に品種登録されたりんごです。当時の長野県知事、田中康夫氏が名付け親で、「信濃」とイタリア語でデザートを意味する「ドルチェ」を組み合わせて名付けられました。糖度と酸味のバランスがとれ、香りがよくみずみずしいりんごです。夏のさっぱりとしたりんごと比べると味が濃く、いよいよ秋のりんごの季節が始まるなぁと感じます。

シナノドルチェ収穫

シナノドルチェ収穫

自分としては大好きなりんごなのですが、暑い時期に葉摘みをしたり着色も難しいためか思いのほか増えてきていないようです…

3年前に定植した新わい化の畑、今年は一樹あたりの収量も増え、オレンジがかったきれいな赤色に染まってきました。

来年はもう少し増えるとうれしいです。

シナノドルチェ3年目

シナノドルチェ3年目

 

シナノドルチェ

シナノドルチェ

きれいな色でしょ!?

当農園では、シナノドルチェの通販も行っています。

贈答用、ご家庭用取り揃えておりますので、ぜひお取り寄せください。全国へ発送いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*