品種検討会(長果25)

台風15号の影響で長野でも20mを超える風、多少りんごが落下しましたが、急に秋の気配を感じるような涼しさになってきました。

「長果(ちょうか)25」の品種検討会ということで、須坂市の果樹試験場に行ってきました。

「長果25」は、果樹試験場が中生種の千秋(せんしゅう)と早生種のシナノレッドを掛け合わせて作った新しい品種です。

8月中下旬に収穫が始まり、着色が良好で食味もいいことから、つがるに代わる品種として期待されています。

共和の果樹研究会からも30名弱が参加し、マイクロバスで須坂まで行ってまいりました。

期待度の表れからか、全県下から100名を超える参加がありました。

品種検討会

品種検討会

長果25

長果25

試食会もありましたが、シャリシャリと触感がよく強い甘みと程よい酸味で、期待通りの味といったところです。

「長果25」とは、品種登録前の名前であり、現在出願中で11月以降にすでに公募から選ばれた新しい名前で登場するようです。

今現在、苗木も出回っておらず、市場にりんごが出るのはもう少し先になりそうですがお楽しみに!

ぜひ、作ってみたいりんごです。

 

品種検討会その後

品種検討会その後

共和に戻ってから、長果25、すわっこ、岩手の紅ロマンなどの食べ比べをしました。

やっぱ、長果25だな…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*